この記事へのコメント
読んでみます!
Posted by よし at 2015年11月04日 20:41
読みました。よかったです。高校生の時に読んだ井上ひさしのブンとフン、笑えるのに今の時代にも通じる批判が隠れています。そんなことを思い出しました。
大江健三郎さんは言葉がきれいですね。森の中にいるみたいになります。
わたしからのよかったら読んでみてください、な本は、長田弘さんの「本という不思議」と、「おろか者たち」という本の中の森毅「やさしさの時代に」です。


Posted by よし at 2015年12月15日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック